40 Maison&Objet 2011の秋冬インテリアのトレンド

インテリアデコレーションは誰もが興味を持っているトピックなので、今年は新しいトレンドを凝縮したバージョンです。また、今月パリで開催されたMaison&Objet 2011の写真を再び発表したいと考えています。

インテリアの面では、新しい傾向のいくつかは、ますます人気が増しているように見えるエトノスタイルに関連しています。このスタイルは、深い文化的意義を持つ単純で伝統的な要素を使用して形成されています。今年最も人気のある要素は東洋とアフリカのものです。木製の生地を使用すると、暖かく親密で快適な雰囲気が生まれます。

より忍耐
  • メゾン&オブジェパリからのより多くの装飾の写真42
  • 65 Maison&Objet 2012展示のクリエイティブインテリアデザインのアイデア
  • Maison&Objetからの32の花のアレンジメントの写真

第2の傾向は、ターコイズ、サファイア、エメラルド、金、またはサンゴのようなエレガントで豪華な織物および色の使用であろう。これらのエキゾチックな布地や装飾のパターンは、伝統的な要素と組み合わせて、ユニークでパーソナライズされたインテリアになります。

ヴィンテージの傾向は再び非常に強いです。アンティーク家具はこの時期にとても人気があり、注目の中心はテーブルです。それはデザイナーによって常に再発明されており、私たちを驚かせることを止めることのない家具の部分です。フェスティバルで撮影した写真から学ぶことができます.Maison&Objet Paris 2010の42の詳細写真とMaison&Objet 2010の32のFloral Arrangementsの写真をご覧ください。 Ayna Gershmanによってトークされた。

著者: Simon Jenkins, 電子メール

コメントを残します