KiddoのSausalitoでの一種の家

サウサリートハウスボートのコミュニティには、美しいオリジナルの住居/ボートがたくさんありますが、これは確かに際立っています。家はもともと1970年代に建てられたもので、日本の建築家キドと彼の職人のチームによって設計されました。それについての最も興味深い部分は、そのボートがすべて、そのプロセスで釘を使わずに、日本の伝統的な方法で造られたということです。

ボートは3,500平方フィートを測定し、その所有者はパトリシアとダニエル、すぐにこの美しい構造と恋に落ちたカップルです。建築家はこのボートに "The Wildflower"という名前をつけた。彼はそれを彼の個人的な住居となるように建てました。ボートはまた、彼の最後のプロジェクトであることが判明しました。新しいオーナーは、元のデザインを再現して建築家を称賛することに決めました。彼らは元々の70年代の構成要素から一連の更新を組み合わせました。

より忍耐
  • マドリッドのアパートは、古くから現代の限界にある
  • セージアーキテクチャによる日本の中庭の家のデザイン
  • バンクーバーで新しい、スタイリッシュなものに交換された古い家族の家

ワイルドフラワーには過去と現在の両方があり、元のオーナーと現在のオーナーのビジョンを表しています。最近、いくつかの独自の作品を使用したカップルの双子の息子たちによって改装されました。この美しいウォーターフロントのオアシスは、現代的なひねりを加えた全体的な素朴な外観を誇り、歴史的遺産を残しています。ボートに住んでいるという全体のアイデアは珍しいだけでなく、それをとても居心地の良いものにすることができるということだけでなく、印象的です。

著者: Simon Jenkins, 電子メール

コメントを残します