暖かく、キリスト教の装飾が施された小さな北欧風ヴィラ

北欧の家庭は、暖かく居心地の良さではあまり知られていません。これは、シンプルで通常は白いインテリアのために何かです。彼らはほとんどの場合、白い壁と非常にシンプルな家具を特徴としています。それは少し暖かく、より魅力的な気分にさせる一つの方法は、木製の床を持つことです。木の質感は全体的な居心地の良いインテリアに貢献します。

しかし今年は、クリスマスがほとんどここにあるとき、ほとんど居心地の良い家を持つだけでは不十分です。それは暖かく、歓迎しなければならない。もちろん、これはあなたが大きなスタイルを変えなければならないという意味ではなく、スタイルを変えなければならないという意味でもありません。季節の装飾を使用して明るい休日の精神を加えるだけで十分です。クリスマスツリーは、瞬時に雰囲気を変える必要があります。メインスタイルのままにするには、非常にシンプルな装飾で木を飾ることができ、その象徴性を保持することができます。

より忍耐
  • ユニークな北欧の家
  • カジュアルな北欧の内装のスタイリッシュなペントハウスアパートメント
  • ロマンチックなコテージインテリアはシンプルな色彩と北欧の魅力を備えています

ノルディック家は、その装飾のために選ばれたスタイルにかかわらず、ほとんどの場合、彼らを誘う要素を持っています。これらの要素には通常、キャンドル、アンビエントライティング、新鮮な植物、さまざまなテキスタイルとファブリック、自然光がたくさん含まれています。伝統的なものからモダンなもの、古典的なもの、素朴なもの、家具のものなど、クリスマスにぴったりな、居心地の良い、魅力的なものです。

著者: Simon Jenkins, 電子メール

コメントを残します