モスタルとエネルギー自給自足のコスタリカの邸宅

カサトルシーダ SPG Architectsによって設計され、コスタリカのOsa半島にあります。 5レベル以上で18000平方フィートの範囲で伸びると、鉄骨とコンクリートからなる放棄された構造から開発されたプロジェクトを見ています。ここに建築家からのプロジェクトの説明があります: "家は環境に配慮され、技術的に進歩し、モダニズム的に設計されています。フレキシブルなビルディングペリメーターは、内部から外部へのシームレスなフローを提供し、自然環境と壮大な景色を完全にブレンドしています。家はエネルギーが自給自足です - 家電や照明は屋根の光電池によって供給される低消費電力のために選ばれました。太陽熱温水パネルは家庭の温水を供給します。交差通風と十分なオーバーハングを最大限に活用することで、今年一年の熱帯気候での空調の必要性が排除されました。その結果、この家は土着的ではっきりと現代的な建築物“.

著者: Simon Jenkins, 電子メール

コメントを残します